« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.30

私たちが選択する未来

今日は、これから製作に入るワンピースの生地を買いに日暮里の問屋街へ・・・。

__

初めてのお洋服つくりなのでどきどきしながら、なんとかオーガニック・コットンとキバタの綿麻の生地を調達してきました。ボタンや小物はとっても可愛いものが沢山でしたが、ワンピースの染が仕上がってからのお楽しみlovely

1301416298803.jpg

今週末には九州から染めの工房のかたが見えて打ち合わせを進めます。

やっとのこと、必要に迫られて仕事に取り掛かるうちに何とか日常に近づいてきました。

この止まったような時間の中でずっと考えていたこと。

原発の映像を見るたびに頭から離れなかったのはAKIRAでした。

自分たちの欲望で作り上げたものが手におえなくなって暴走している。

ちいさな人間が慌てふためいて何とか閉じ込めた無様なさまがAKIRAだと・・・。

それはあまりにもそのままに原発でした。

私はただただとても怖くて、何もできずにいました。

私たちの享受してきた豊かさの本当の姿がそこにあると思ったから。

TVでは原発で今復旧に働く人たちを英雄だといっていたけれど、もしそれがわたしの大切な人だったら?わが子や夫だったら・・・。

わたしはがんばってとは言えません。わたしは弱いから。

津波で流されたご遺体の中には被爆していてもう運ぶことも身元確認もできないご遺体があるのだそうです。もしそれが自分の愛する人だったら?

わたしたちの国、日本でいま現在も刻々と進行している恐ろしい出来事は、もうこれから先の未来を自分の責任で選ばなければいけないということだと思います。

国や企業、誰かがやってくれることじゃなくて、一人の人間が自分に向き合って選択して生きていくこと。自分がそのために何を選択して何を犠牲にできるのかということ。

私が今も使っている電気。それは確かに今さら失うにはあまりにも不便。

でもそれは同時に、今こんなにも痛んでいる被災地の方たちを、さらに恐怖に陥れているものでもあります。

原発反対!と言うのは簡単です。でも肝心なのは原発を無くしても良いくらいに自分たちの生活スタイルを変えること。不便になること、効率が悪くなる事を覚悟して引き受けて、それから反対だと言えること。 じゃあ、今どうしたらいいのか。情けないことにそれは簡単に答えが出せる問題ではなくて、それでずっと固まっていました。

だから、まず私は選択しようと思います。

原発がなくても良い生活を選びます。そのためにできること、すべきことをこれからずっと模索していきます。

わたしは小さく弱いから、きっと何度も失敗して、逃げ出したり、見ないふりをしてしまうと思うけれど、3・11のたびに思い出して選択することで少しでも未来が変わることを願って・・・。

|

2011.03.28

縁のお茶会準備

昨日はHairが臨時で営業をする中、わたしはお料理の先生のところへ・・・。

実は先週にお教室だったのですが、お店の営業を休んでいた分の調整など、忙しくしていて連絡もなくお休みしていたのです。

先生がお気遣いくださって、今回は預け先のない子供たちを車に乗せて3人でお教室へ・・・。

先生のお嬢さんと一緒にご主人が公園へ連れ出してくれたり絵本を読んでくださったりして、何とかいつもどおりに参加ができました。

子供たちはおかげでとっても楽しかったみたいshineまた明日も先生のおうちに行く!と盛り上がっていました。

お教室ではやっぱり震災の話でもちきり。みんなさん本当にいろいろな場所でいろいろな想いを抱かれたのがよくわかりました。

計画停電や食材の調達の関係から、保育園が正常に機能していないこともあって、子供たちがずっと家にいるので身動きが取れなかったわたしも、本当に遅すぎながらもやっと今朝、着物を着て背筋を伸ばして午後のお茶会に向けてケーキを焼くことができました。

今回何よりも大きなショックなのは、地震、津波で痛んでいる心に私たちの使う電気、豊かな生活がこれほどの恐ろしい犠牲の上に成り立っていたということでした。

それをぼんやりしか知らなかった自分。実際に計画停電により電気が止まってみて初めて、何もかもが電気で成り立っているという事実。

確かに今、電気を完全に絶って生活はできないのだと理解しながらも、今も原発で作業している方たちとそのご家族、被災地で震災の傷が残る中大きな恐怖に過ごされている人たちを思うと、これからどういう未来へと進むべきなのかを考えています。

誰もがなんだか不安に、でもどうにか何かをしようとする中。

昨日、この地震でご近所でお声をかけた一人暮らしのおばあちゃんがたまねぎのコトコト煮を届けてくださいました。

同い年の子供を持つママもお水をおすそ分けしてくださったりして。

車で走っていても、震災支援のバザーの看板が見えたりして。

暖かいものが沢山集まってみんなに届きますように。

悲しみの中にいる人が少しでも癒されるように。

|

2011.03.25

子だくさんランチ

___2


やっと営業を再開した今週・・・
カフェは食材不足や停電に続き水道水も不安な事からしばらくは予約のみのランチ営業になっています。

今日は再開後の初ランチrestaurant

大人3人子供5人に赤ちゃん、そして我が家の子供たち2人も加わっての賑やかなランチになりました♪( ´▽`)

一歳の赤ちゃんもいてやっぱり今色んな不安もあるなかでこうして皆でランチをしていたら少しは明るく楽しい気持ちが帰って来ました。

あの大きな地震から、あまりのショックに時が止まっていたわたしですが、やっと体が動き、一歩を踏み出さなければと思えたランチでした。

今までのいろんな想い、きれいごとの通じない現実。
そしてあまりに弱く小さな自分。

いろんなことを直視させられた今回。
少しずつそれを綴って、そして変化しながら。

まずは与えられた日常を精一杯に過ごすことから始めようと思います。


| | コメント (0)

2011.03.24

営業再開のお知らせ

この度の東北太平洋沖地震ならびにそれに伴うさまざまな事象により営業をお休みさせていただいておりましたが、営業を再開いたしました。

休業中にご予約いただいていたお客様には突然のことにもかかわらず暖かいお言葉を頂き皆様の優しさに心から感謝いたしております。

お休み中にご予約をいただいていたお客様には大変ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。


まだまだ計画停電など営業に影響があることから、営業を再開したもののご予約どおりの施術が出来かねることも予想されます。お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、その都度ご相談をしながら最善の方法で施術をさせていただきますので、どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

一日も早く、皆様に心穏やかな日常が戻りますように。

私たちも今後、精一杯の営業をしてまいりたいと思います。

  yuji+yukari

□CAFEの営業について

現在の食料品、水道水などの状況から、CAFEはお飲み物、デザートのみの対応とさせていただきます。

ランチにつきましてはご予約のかたのみで対応していく予定でおりますので、ご希望の方はお電話ください。

*3/25(金) ランチはご予約、貸切です。

*3/28(月) 縁のお茶会は午後13時30分~16時で開催が決定いたしました。


|

2011.03.15

お客様へ

皆様もご存知の通り、この度の東北地方における大震災により計画停電を始め流通などあらゆる方面に被害が広がっております。

Hair+Cafe縁でも美容室の薬剤が入荷出来ず また 予測不能な停電の影響により、急な機材及びシャンプー台の停止など多大なお客様へのトラブルが予想されます 。

また学校や行政などの判断、何よりもお客様の安全確保などあらゆる角度から検討致しまして、当面の間営業をお休みすることを決定いたしました 。

早くからご予約いただいた多くのお客様には本当に心苦しく申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし営業したことによるお客様へおかけするご迷惑を考慮して決断いたしました。 どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

なお営業再開などの情報はHair+Cafe縁のホームページにてお知らせいたします とともに、出来うる限り個別にご連絡致します。

なおご予約をいただいていたお客様などお急ぎでご連絡をご希望の方は yengawa.kunitachi@nifty.com もしくは080- 3170- 6363までお手数ですがご連絡下さい.。

Hair+Cafe縁

石田 裕治 ゆかり

| | コメント (0)

2011.03.13

東北太平洋沖地震によるお知らせ

この度、東北太平洋沖地震により多くの方が被災され、今も不安の中に夜をすごされています。

余震が続く中、原発の状況など本当に胸の裂けるような想いでおります。

一人でも多くの方が、一刻も早く救出されますようただただ祈るばかりです。

Hair+Cafe縁では、現在まで様子を見ながらの営業をしてまいりました。

15日(月)からの営業についてもご予約の予定通りに営業していく予定でおります。

しかしながら、すでに報道にもありますように明日から4月いっぱい計画停電が予定されております。

停電中は施術に限りがあると同時に、刻々と変化する情勢に応じて営業にも影響が生じることが十分に考えられます。

どうぞあらかじめご了承ください。

今後も、節電はもちろんのこと、縁としてできうる限りの災害への支援を考えてまいりますのでどうぞご協力をよろしくお願いいたします。

なお、CAFEにおきましてはしばらくの間お飲み物のみの対応とさせていただきます。

yuji+yukari

|

2011.03.06

茶師 体験

週末、土佐のyujiさんのお友達家族がはるばる美容室にお客様としてお見えになりました。

縁がOPENするときもとても趣向を凝らしたおくりものを頂いたのですが、今回は・・・。

開けてびっくりsign03

Dsc00818

茶師十段、前田文男さんのお茶!

最初は理解してなかったけど、よくよく見たら、自分でブレンドをするように、土佐茶、本山茶、初倉茶がストレートで入っていて。

ブレンドするための茶筒も一緒になっているGift★

Cafe縁でお出ししている煎茶は、茶師十段の大山拓朗さんが、川根と本山、鹿児島のお茶をブレンドしてくださっていますが、川根は土佐のお茶にとっても似ているとのことで、今回鹿児島はないけれど、変わりに初倉にして縁のお茶をまねて自分で合組してみることに・・・。

Dsc00826

香りはやっぱり縁と似通って本山が存在感ありの良いブレンドになりましたlovely

その後はお勉強お勉強・・・。

土佐茶、本山とストレートでどれだけ違うのかを試飲。

Dsc00844

やっぱり茶師の力ってすごい!と実感。

もちろん単品でも本当に質の良いお茶ではありますが、ブレンドするとそれぞれの個性が引き立って、そしてもちろん、合組の腕がよければそれだけ広がりのある絶妙なバランスに仕上がるのです。

そういえば追加で煎茶のオーダーをしましたが、さすが大山さん!

これからお客様の反応も取り入れつつ、縁のオリジナル煎茶を進化させていきたい、とおっしゃってくださいました。shine

こんな小さなちいさな取引にも、真剣に追求してくださること。感謝とともに職人さんってやっぱり尊敬だなあ・・・と思います。

2011年も縁のお茶の追求は細々と、止まらずに進みたいと思いました★

K君+Mちゃん。ありがとうlovely

そんなお茶尽くしの先週。

Dsc00815

新作の抹茶とつぶつぶあんのロールケーキshineが好評です。

ランチ+ドリンクとセットで1200円

ドリンクだけとのセットだと650円です☆

|

2011.03.04

特別支援学級・交流懇談会を終えて

昨日、国分寺市のP連が主催の「特別支援学級・交流懇談会」へ参加してきました。

白梅学園大学の堀江先生をお招きしてのワークショップ+参加したママやパパたちの交わりの時間。

この3年、発達障害に向き合い、自分自身の考えもあっちへ行ったりこっちへ行ったりしながら、このお店をOPENするにあたって、ずっと心の中にあるものを形にしたいと願っていました。

でも、具体的にどうしていったらいいのか、考えあぐねているさなかに堀江先生に出会いました。

ここで感じたことは山のようで、まだ上手にきれいな言葉に変換することはできません。

もうずっと前からいろんな活動をされている方がいて、その人たちの力で少しずつ社会は変化している。10人の人に話しても9人は通じないかもしれない。でも1人でも「よっしゃ」と言ってくれる人がこの社会には必ずいて、そして世の中は変化しているんだということ。

発達障害、自閉症・・・

知識は最近山のように情報として巷に流れるようになったけど、本当にその一人一人に目を向けて通じ合おうとしてくれる?

もっともっと当たり前の一人として、情報ではなくありのままの姿をちゃんと見てほしい、とそう思って…。

___3

「本当にあった話だよシリーズ」

こんなに素敵な絵本 が作られていることを知りました。

ぜひ多くの人に読んでほしい。人から人にこの本が手渡されて、いつか少しでも何かが変化したら。

早速yujiさんと夜なよな語り合いました。

私たちには幸いにも身近に同じ世代で子育てをする友人がいて、昼となく夜となく私たちの話を聞いてくれる場所があって、そしてその支えの中で大きな山を乗り越えてきました。いろんなコミュニティを見ていても、本当にタイムリーに、日常的に話したり、相談したり、ちょっとお茶を飲んで全てを忘れて一息ついたり・・・。そんな場所が必要だと思っていました。

今日のワークショップで、堀江先生が 「地域に、安心して頼れる人や場所を見つけていくことがお母さんたちの使命です。すぐには変わらないかもしれない。でもちゃんと社会は変わっていきます。」とおっしゃいました。

私たちは背中を押される思いでその言葉を受け止めました。

まずは私たちがやってみよう・・・と。

そしてHair+Cafe縁のCAFEスペースにて、

「縁のお茶会」 (仮称)

を開催することにいたしました。

まだまだどんなふうになるのか手探りだけど、1人でも2人でも来てくれたら嬉しいな☆というお茶会です。

発達障害に向き合っているママや先生・・・

発達障害について知りたいし、何かしたいし、というよっしゃの方

などなど。

詳細はHPの+moreやmixiのコミュニティにUPいたしますので是非ご覧ください。

個別に相談したい・・・という方は直接

yengawa.kunitachi@nifty.com

までご連絡ください。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »