« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009.08.21

マクロビオティック・ココアケーキ

Photo087 この夏、長女が選んだ自由研究は・・・

ココアのケーキ作りcake

いろいろとレシピを考えた結果、マクロビオティックのケーキになりました。

卵、バター、牛乳。どれも使わないからアレルギーのお友達にでも食べてもらえる!

最近の彼女はお料理にも興味が出てきたようで、最近では夕飯のときにいろいろとお手伝いをしてくれるようになりました。

そして自分の作ったものが食卓に並ぶ過程がとても楽しいみたい。

そんなことから思いついてのこの研究。

さっそく焼き上がりを沢山の人に届けて。感想を書いてもらいました。

こうしていつか大きくなって、私のお店でおいしいケーキを焼いてくれるといいなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.17

ありのままのわたし

今年もお盆に大切なお友達家族に会いに行ってきました。

高校時代のアメフト部キャプテンTちゃんのファミリー。

アメフト部の部員たちは私にとって兄弟。家族なんかよりずっと多くの時間をともにして、嫌なとこも楽しいことも、喧嘩だってものすごくしてきて、私がありのまま、何も考えず過ごせる数少ない友人。

ここにいると私はありのままの自分でいられるのです。時に本気で泣かされたり、無神経な言葉を言われたり。はたまた心底怒らせてしまうこともある。でもそれでも。だめなところも本当にひっくるめてお互いを大好きでいられる仲間たちなのです。

だんだんと部員たちも結婚して子供ができて・・・。どういうわけか部員の奥様たちは本当に綺麗な人が多くて、そして素敵な女性たちばかり。

Tちゃんちは、この7月に第2子が産まれたばかりlovelyで今回は早く赤ちゃんに対面したくてお邪魔したのだけど、こうして部員とその家族たちと、そしてもちろんそこにはyujiさんと私の子供たちと にぎやかに食事や話ができるのがいつも本当に嬉しい。

ありのままでいるとか、ありのままで愛するとか、決して簡単ではなくて案外できそうでできない。それが最近本当に苦しくて怖くて行き詰まっていたから。

ここへ来て、私の全部をそのままどうぞって包みを開いて並べて、それで何も隠すことも無く何も計算することも無く、くつろいで笑って食べて時にまじめに話して・・・・。

本当に救われたのです。ありのまま、さらけ出した私を無条件の愛情で包んでくれるこの仲間たちに。

高校生のとき、ほんとにきつかったこの部活。一度だけみんなとすごくギクシャクして本当に行きたくなくて辞めたくて、顧問の先生に話したときに先生が言ってくれた言葉は、

「家族みたいな関係なんだろ?一度はそう思ったんだろ?だったら大丈夫。家族だって何があってもやっぱり元に戻るように、お前たちも元に戻るよ。」って。

ほんとだったなあ・・・。

何はともあれ今。私のテーマは「ありのままでいること。ありのままで受け止めること。」

今はこの言葉の真の部分を深く深くさまよっているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

今年も八ヶ岳にて・・・

Photo103 すっかり歩いたり走ったり、いたずらの大好きなやんちゃ坊主に成長した陽乃ちゃんを連れて今年も待ちに待った家族の夏休みは山梨の別荘で・・・。

今年は陽乃ちゃんが少しはドライブに耐えれるようになったので、ちょっと遠出して八千穂まで足をのばしました。

アンジェラ・アキのMUSICを大音量でかけながら雲ひとつ無い八ヶ岳を右手に見てドライブ。山道を結構な距離はしって、ちょっと気持ち悪くなりかけたころに八千穂レイクに到着♪

陽乃もこのとおり。マスの泳いでいるこの小さな水場で歩き回ったり、顔面からこけてみたりhappy02

やっぱり夏は一番楽しい☆じりじりと照りつける太陽に肌がひりひりと焼けていくのが嬉しい。今年はどこまで黒くなれるでしょうかshine

Photo111

こんなに晴れた太陽の下で yoga flair

これは気持ちいい♪

夏になるとyujiさんも私も本来の姿に戻るような。私は生き生きとしてくるし、yujiさんは私の一番好きな高知の男になるのですlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

南部釜

Photo128

私の父は転勤族で私たちが小さなころは週末にしか帰ってこない人でした。全国いろんなところを単身赴任していたので、テレビの旅番組を見ては 「ここはお父さんのまわっていたところだぞ」 というのが口癖。

そんな父が盛岡に勤務していたころにいただいたという南部釜。

400年前に京都の釜師 小泉仁左衛門清行が盛岡の藩主南部重直公に御釜師として呼び寄せられて作り始めたもの。

実はとっても貧乏性な私は、とにかく欲しいと思ったものを平気で2年でも3年でもずっと心のうちで温めて悩みに悩んだ末に買う、ということがほとんどなのですが。この南部釜、もうかれこれ4,5年は心のうちで温めていたもの。

思いがけずこの夏、父の八ヶ岳の別荘に飾ってあるのを発見して、すぐさま父親に電話をして譲り受けることになったのですlovely

あと少し。気になるデザインのものをいつか購入しようと今もまだ心に温めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.08

桜木町

Photo083 ランドマーク・タワーで高校時代の私のお姉ちゃんのような存在のKちゃんの結婚式がありました。この日のため、母の着物で必死に二重お太鼓の手結びを練習してきました。

最終的にyujiさんにつけられた点数は85点♪自信を持って着てきました。

高校時代からだからかれこれもう17年の友達。それを思うと本当にこの10年の時のはやさに驚きました。

みんないろんなステージをむかえていて、でもこうして集まると面白いくらい17年前の教室でみんなでお弁当を食べていたときとおんなじなのです。

いつも馬鹿なことをしてみんなに「またゆかりがあんなことしてwobbly」と言われていたのに、いつの間にか最近はみんなの馬鹿を見守る側になっていることに気づいて、それはそれでなんだか新鮮で、みんなの相変わらずのテンションを満喫して帰ってきました。

今回は桜木町での結婚式。結婚式で来たのは初めてだったけど、横浜、鎌倉、江ノ島は私の一番の心落ち着く場所。

決して家から近い場所ではないけれど、高校生の時にはほぼ毎週、学校をサボって一人だったり彼とだったり友人とだったり、ここへ来ては海を見ながらお弁当を食べて、そして決してサボることの許されない怖い怖い部活動へと電車に乗って帰ったことを覚えています。

あのころは沢山時間があったんだなあ・・・。今は子供が2人。自分の読書の時間を確保するにも四苦八苦だと言うのに・・・。次に時間ができたときに、私たちはどんなことをするんだろう・・・。

ゆっくり朝の散歩をしたいねと話しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »